1963年8月30日、東京都生まれ。
『830と書いてヤザワの日生まれ』 生まれながらの矢沢永吉応援団。

父親は明治生まれの、母親は左半身不随の障害を持っていた。
幼いころは、入退院を繰り返すような体の弱い子どもで、いじめられっ子
でもあった。 体を鍛えることで、虚弱体質・いじめられっ子を卒業。
高校卒業後は、昼間勤めに出ながら、夜もフランス料理屋でバイトをし
昼夜休みなく働く日々。
父が亡くなったのちは、働きながら母の介護をする生活を続ける。

川上美保の最高の応援団である『秋さん』と運命的な出会いで結婚。
1991年 長女出産と同時にこれまで勤めていた会社を退職。
       パートで仕事を始める。
1996年 次女出産後、在宅で入力の仕事を請け負う。
仕事の為に、子どもを保育園に預ける。
パートで仕事をするも、子どもは、体調を崩す事が多く、仕事を休む事・早退
遅刻をする事が多くあった。 休む度に行くのが辛くなる事もあった。
パートでの収入が\78,000、子どもの保育料が\70,000という事もあった。
もっと、お母さんたちが働きやすい会社があればいいのに…との想いが企業のきっかけとなった。

1997年 保育園のお母さん3人で『オフィス・フォーハウト』を設立。
東京都江東区のマンションで、入力業務を行う。
在宅ワーカー20人まとめ役としてスタート。
2001年 有限会社オフィス・フォーハウトに組織改革。代表取締役となる。
子育て優先、学校行事優先、家族優先、頑張るママの応援団として
『オフィス・フォーハウト』を立ち上げたが、現状は厳しかった。
『ママたちを応援=ママたちに甘い』になっている現状に気づき、会社の改革を開始。 ママたちが働きやすい会社から、ママたちが働きたくなる会社への改革が始まる。

現在、川上美保の目指す社会
『子育てしながら安心して働きたくなる会社 子育てしながら安心して働ける社会』 に向かって、 マザー・ニアフェスタの開催を決断。
妻としての女性、母としての女性、社会人としての女性。女性には沢山の顔がある。 夢をあきらめずに、もっとに女性に輝いて欲しい。妻として、母として、何より一人の女性として。 女性一人ひとりが自立し、輝けるための情報と出会いの場を創出し、なりたい自分を見つけられるイベントを開催する。